平成29 年度九州地区障がい者相談支援事業合同研修会

1. テーマ『相談支援が紡ぐ、あなたの想い』
2.主 催
障害児・者相談支援事業全国連絡協議会九州ブロック
九州地区障がい者相談支援事業合同研修会in 鹿児島実行委員会
3.後 援(予定)
鹿児島県、鹿児島市、鹿児島県社会福祉協議会
4.期 日
平成29 年12 月7 日(木)~ 8 日(金)
5.会 場
ホテルウェルビューかごしま
〒890-0062 鹿児島県鹿児島市与次郎2 丁目4-25
TEL:099-206-3838
6.参加対象者
相談支援関係者、行政関係者、障がい者福祉事業関係者、保健・医療・療育・教
育関係者、就労支援関係者、司法関係者、成年後見・権利擁護関係者、民生委員
児童委員関係者、社会福祉協議会関係者、その他障がい者・児への支援に関心の
ある皆さま

実施要項ダウンロードはこちら 実施要項詳細ダウンロード

申込書等のダウンロードはこちら申込書

相談支援に携わる方々の 北海道・東北ブロック研修inほっかいどう 

開催要項 テーマ:明日につながりたい ~聴いたり喋ったり、相談員もそれぞれが主人公~
1.目 的   最近、兎角「相談の質」「計画の質」がうたわれるようになった。障害者の相談支援を取り巻く環境は、計画相談が始まって大きく変化したのか。でも、「相談の質」とか「計画の質」って、そもそも何だろう。 計画相談が始まったから「相談」が生まれた訳ではない。計画相談が始まってからも、「質」を気にしなかったことはない。いつだって、みんな迷いながらも最大限やれることをやってきたはず。 なのに、何故だろう?焦らされている自分達がいる。何かが腑に落ちない…。このままやっていても良いのだろうか? みんなを明日へとつなげることも大事だけれど、聴いたり喋ったりしながら、自らが明日へとつながる機会にしよう。そう、相談員もそれぞれが主人公!! (北海道・東北ブロック研修会inほっかいどう 実行委員会)

2.主 催 北海道・道北ブロック研修inほっかいどう 実行委員会
3.共 催 日本相談支援専門員協会(NSK)        
      北海道地域ケアマネジメントネットワーク        
      両生類の会
4.後 援 北海道・札幌市
5.日 時 平成29年10月19日(木曜日)・20日(金曜日)        
6.会 場 札幌コンベンションセンター 中ホール        

〒003-0006 北海道札幌市白石区 東札幌6条1丁目1-1  電話:011-817-1010

LinkIcon詳しくはこちら

平成29年度 基幹相談支援センター全国研修会

申込みページはこちらをクリック


1.期日 平成29年9月24日(日)~9月25日(月)
2.場所 国立オリンピック記念青少年センター
3.スケジュール
 1日目
10:45  受付開始
11:00  あいさつ 開会 (日本相談支援専門員協会 代表 菊本 圭一 氏)
11:10 行政報告 厚生労働省 相談支援専門官 大平 眞太郎 氏
13:00  基調講演1 虐待防止と相談支援専門員
日本社会福祉事業大学 准教授 曽根 直樹 氏   
14:20  基調講演2 (仮称)主任相談支援専門員とスーパービジョンの展開
筑波大学院 教授 小澤 温 氏            
15:50  シンポジウム
(テーマ:大規模被災から見えた、全国の相談支援専門員との連携)
   ~防災対策を見据えた地域作りの在り方~
 シンポジスト  熊本市障がい保健福祉課 課長 神永 修一氏
広島県社会福祉法人三矢会 太田川学園相談支援事業所 施設長 一丸 善樹 氏
  熊本県障がい者相談支援事業連絡協議会  平田 晴彦 氏
  コーディネーター 日本相談支援専門員協会 代表 菊本 圭一 氏 
17:30   終了          
19:00  全国基幹相談支援センター 交流会(会場を移動 100名予定)

2日目 9:30 受付開始
10:00 選択講座(講演 90分)
●講座1 
テーマ:意思決定支援ガイドラインと相談支援
    〜支援付き意思決定 実践への展開と期待〜
講師:筑波大学大学院 講師  名川 勝 氏
●講座2
テーマ:地域の相談支援専門員への後方支援と人材育成 ~グループスーパービジョンの各地の展開~
●講座3
テーマ:(自立支援)協議会と基幹相談センターの役割
講師:和泉短期大学 教授 鈴木敏彦 氏
11:30 午後のグループワークに向けての説明と会場設営(各講座毎)
11:50 ~ 昼食休憩
12:50 午後のグループワーク開始
15:00 終了
参加費:会員7000円  非会員10000円
申込〆切 9月8日を予定。定員になり次第終了。
※申し込みの際は、ご参加頂く地域の基幹相談支援センターに関するアンケートにも
ご協力下さい。全国の情報提供として当日資料化させて頂きます。
※定員に達し次第、申込終了とさせて頂きますので、お早めにお申し込みください。

平成29年度 相談支援専門員協会 中国ブロック研修会 in島根

日 時  平成29年8月19日(土) 10:30-16:00 (受付10時~)
会 場  ビックハート出雲 〒693-0008 島根県出雲市駅南町1丁目5
       白のホール And 茶のホール
参加費  相談支援専門員協会会員 3,000円 非会員 5,000円
問い合わせ 島根県相談支援専門員協会事務局 相談支援事業所Reve
TEL(0853)25-8602 (担当:名越)

内容:テーマ 本人中心の支援
10:45~第1部
●分科会 ①
公開事例検討 ~サービス等利用計画作成まで~
講 師:日本相談支援専門員協会
副代表  東美奈子氏
●分科会 ②
児童の事例を基に本人中心の支援について考える
事例提供者:Retice.inc 
相談支援事業所Reve 名越真理子
13:45~第2部
講 演 権利擁護と虐待防止とは・・・(仮称)
 講 師:厚生労働省 虐待防止・障害福祉専門官 

支援付き意思決定・意思決定支援(SDM)実践シンポジウム

主催:意思決定支援モデル開発プロジェクトチーム(SDM-Japan)

平成29年7月9日(日)15:30~18:30

東京大学本郷キャンパス工学部2号館213大講堂 (本郷三丁目駅下車)

司会 名川 勝(筑波大学人間系講師/SDM-Japan副代表/NPO法人PACガーディアンズ理事長)
コメンテーター  木口 恵美子(東洋大学福祉社会開発研究センター研究支援者/白梅学園大学非常勤講師)
パネリスト小杉 弘子(SDM-Japan副代表)
~SA-SDMファシリテーター研修生へのコーチングとメンタリング~
野口美(新宿区手をつなぐ親の会)
~本人を中心としたネットワークの活用~

平成28年度 「障害者総合支援法に規定する協議会における地域資源の活性化策(改善・開発)調査研究事業中間報告会 グループワークまとめ

グループワークまとめダウンロード

全体版アンケート全体版.pdf
分割版
市町村連携市町村連携1.pdf
基幹型基幹型1-2.pdf
人材育成人材1-3.pdf
協議会運営協議会1-5.pdf

平成28年度 「障害者総合支援法に規定する協議会における地域資源の活性化策(改善・開発)調査研究事業」報告会

資料ダウンロード ここをクリック