設立趣旨

定款より抜粋

(目的)
第3条 この法人は、障害者自立支援法に基づく相談支援専門員が、障害者の地域生活を支援する目的で、障害者ケアマネジメントを基本とした中立、公平な相談支援活動を実践するとともに、自らの資質の向上に努めることをもって、障害者の自立した生活支援に資することを目的とする。

(特定非営利活動の種類)
第4条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。
(1)保健、医療又は福祉の増進を図る活動
(2)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
(3)まちづくりの推進を図る活動
(4)災害援護活動
(5)人権の擁護又は平和の推進を図る活動
(6)職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
(7)上記の活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

(事業)
第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の事業特定非営利活動に係る事業を行う。
(1) 特定非営利活動に係る事業
①障害者福祉の増進に関する事業
②障害者福祉に係る調査研究に関する事業
③その他

第3章 会員
(種別)
第6条 この法人の会員は、次の2種とし、正会員をもって特定非営利活動促進法(以下「法」という。)上の社員とする。
(1) 正会員 障害者自立支援法第五条17項に規定する相談支援事業を実施する相談支援専門員および、障害者自立支援法で規定された相談支援従事者初任者研修および現任者研修を終了した相談支援専門員の資格を有する者であって、この法人の目的に賛同して入会した個人。
(2) 賛助会員 この法人の目的に賛同して賛助した個人